Anker SoundCore 2 レビュー 低音の強化と防水対応でますます魅力的になった定番スピーカー

水で濡れたAnker SoundCore 2

キャンプやBBQなどアウトドアで楽しむ際に、雰囲気をグッと盛り上げてくれるもの…それは音楽です。

スマートフォンから音楽を流すことも出来ますが、広い屋外だと内蔵スピーカーの音量では物足りませんよね。

そんな時に便利なのが、Bluetoothで接続可能なポータブルスピーカーです。

スマートフォン単体では実現できない迫力満点のサウンド環境を構築可能!

本日は、そんなポータブルスピーカーの中でも1番人気と言っても過言ではない商品をご紹介します。

超人気機種の後継機

今回ご紹介するのはAnkerのポータブルスピーカー「SoundCore 2」です。

Ankerはスマートフォン周辺機器を主に扱うメーカーで、その中でも特にモバイルバッテリーは定番商品としての地位を確立しています。

「Ankerのモバイルバッテリーを見たことが無い」なんて人はいないのではないでしょうか。

そんなAnkerはポータブルスピーカーも販売しており、SoundCoreと呼ばれる機種がAmazonランキング大賞2016・2017の「オーディオ機器 ポータブルスピーカー」部門で1位を獲得するなど、これまた人気商品となっています。

今回のSoundCore 2は、その超人気商品 SoundCoreを更に進化させた新モデル!

カラーバリエーションも前モデルを踏襲し、ブラック・ブルー・レッドの3色展開がされています。

それではまず、SoundCoreから進化した点をご紹介しましょう。

よりハイパワーなサウンド

第1世代のSoundCoreは3Wドライバーを2つ搭載していました。

それに対しSoundCore 2は、2倍となる6Wドライバーが2つといった構成に強化されています。

つまり、より大迫力なサウンドを出力できるというわけですね。

手前:Anker SoundCore・奥:Anker SoundCore 2

手前:Anker SoundCore・奥:Anker SoundCore 2

ドライバー出力を強化していながら、本体サイズはほとんど変わりません。

ただしハイパワーなドライバーを搭載しているためか、重量は358g→414gと結構アップしています。

防水に対応!

第1世代との最大の違いは、SoundCore 2では防水に対応していることです。

IPX5の防水規格対応となり、アウトドアシーンでも水濡れを心配せずに使用できます!

雨や水飛沫がかかっても安心なことはもちろん、砂や土で汚れた時に水で気軽に洗い流せるのは嬉しいですね。

ただし、IPX5は水に沈めた時の耐性があるわけではないので、川やプールに落とさないよう注意が必要です。

Anker SoundCore 2 実機レビュー

それでは、実物を見ていきましょう。

Anker SoundCore 2 外箱

Anker SoundCore 2 外箱

白をベースに水色がアクセントとなる、Ankerおなじみなデザインの箱です。

スマートフォンアクセサリなどはこの箱や梱包の質で、各メーカーに対する印象が結構決まりますね。

名前も知らない怪しげな中華メーカーですと、簡素な段ボールのような梱包も珍しくありません。

その点、Ankerは文句の付けようがない高品質なパッケージングです。

Anker SoundCore 2 付属品

Anker SoundCore 2 付属品

内容品は以下。

  • Anker SoundCore 2 本体
  • 充電用Micro USBケーブル
  • 取扱説明書
Anker SoundCore 取扱説明書

日本語で書かれた取扱説明書

説明書は日本語に完全対応しており、誰でも安心して使用できます。

Anker SoundCore 2 正面

Anker SoundCore 2 正面

ゴテゴテしていない見た目が可愛いですね。

アウトドア向けの防水スピーカーはゴツイ見た目の商品が多く、これだけさっぱりとしたデザインは逆に個性的に思えます。

バッグにポイっと放り込んでも、一緒に入れている他の荷物を傷つけることがありません。

マットなラバー素材で仕上げられており、持った時の感触も心地良いです。

Anker SoundCore 2 天面

Anker SoundCore 2 天面

天面側に5つのボタンが用意されています。

と言っても、再生・一時停止以外も電話に出る・終了や着信拒否などのほとんどの操作は真ん中のボタンのみで行えます。

Anker SoundCore 2 背面

Anker SoundCore 2 背面

背面にはANKERと文字が彫られており、シンプルながらオシャレなデザインに仕上げられています。

安心感の大きい防水キャップ

Anker SoundCore 2 側面

Anker SoundCore 2 側面

側面には各端子類がありますが、防水キャップでしっかりと守られています。

Anker SoundCore 2 防水キャップ ツマミ

ツマミが大きく、開けやすい防水キャップ

大きなツマミが付いていますので、キャップを開けるのもスムーズです。

Anker SoundCore 2 防水キャップ 横から

防水キャップ 横から

キャップ自体はかなり肉厚で、水の侵入をしっかりと防いでくれそうですね。

Anker SoundCore 2 防水キャップ 正面から

防水キャップ 正面から

キャップと本体を繋いでいるベルトも幅・厚みともに安心感のあるサイズとなっています。

Anker SoundCore 2 端子

キャップ下にはUSBとAUX端子

キャップの下には充電用のMicro USB端子とAUX端子が用意されています。

オーディオ機器との有線接続や、充電しながらの使用時には必然的にキャップを開けておくことになます。

防水スピーカーでも端子に水が入れば壊れてしまうので、本体が濡れている場合には丁寧に拭き取ってから使用しましょう。

ペアリング手順も簡単!

スマートフォンや音楽プレーヤーをBluetoothで接続するのも驚くくらいに簡単です!

Bluetooth接続ボタンを長押し

Bluetooth接続ボタンを長押し

Bluetooth接続ボタンを長押ししてLEDが点滅したらペアリングモードとなります。

接続中の機器があっても切断してくれるため、スマートフォン側でペアリング解除の操作は不要ですね。

ペアリングモードにすると、各機器のBluetooth接続先に「SoundCore 2」が表示されるので、選択すれば接続完了です。

Android Bluetooth 接続画面

Android Bluetooth 接続画面

SoundCore 2は電源をONにすると、最後に接続した機器と自動で接続されます。

クセの無い、バランスに優れた音作り

前モデルSoundCoreよりも低音を強化したと謳われているだけあって、コンパクトな筐体からは想像も出来ないハイパワーな音が出てきます。

屋外で音量を上げてみたのですが、かなりの大音量にしても音が割れてしまうようなことがありませんでした。(※迷惑にならないよう周囲の状況を確認してから検証しています。)

安価なスピーカーにありがちな低音をズンズン鳴らして誤魔化すような下品な音作りこもったような音でもなく、聴いていて疲れない、バランスの良い音に仕上げられていますね。

純粋にスピーカーとして優秀なため、アウトドアシーン以外でもついつい使いたくなります。

実際、私はSoundCore 2を職場で仕事中にBGMを流すのにも使用しています。

価格差1万円以上の他社製スピーカーと比較した結果…

実売価格16,000円ほどのBose製スピーカー SoundLink Color Bluetooth speaker IIと聴き比べてみることに。

5,000円弱で購入できるSoundCore 2との価格差は実に1万円以上!

左:Bose SoundLink Color Bluetooth speaker II・右:Anker SondCore 2

左:Bose SoundLink Color Bluetooth speaker II・右:Anker SondCore 2

実際に聴き比べてみた結果ですが、Boseと比較すると音の艶感や低音の厚みはやはり劣ります…

が、「果たして1万円もの差があるのか?」と聞かれればそこまでの差は無いというのが、その場で聴き比べた私達の意見です。

Boseスピーカーの持ち主である大山さんにSoundCore 2の価格をお伝えしたら「この音でそんなに安いの!?」と驚かれていました。

大山さんのアイコン

このスピーカー良いね。1万円くらい?

うぃるのアイコン

5,000円ほどですね。

大山さんのアイコン

そんなに安いの!?めっちゃええやん!!


16,000円のBoseと差が無いなんてことはありませんが、それでも1万円以上もの価格差があるとは感じられないほどにSoundCore 2は大健闘。

少しでも迫力のある音を求める人ならばBoseをおすすめしますが、価格や本体サイズなどのバランスを考えるとAnkerは相当に優秀です。

万人におすすめしたいコスパ最高な防水スピーカー!

定番・大人気機種の正統進化系ということで期待のハードルを上げていましたが、SoundCore 2はそんな期待を軽々と飛び越えてきました。

ハイパワーなサウンドと防水性能を備え、そのうえ価格は5,000円ほどと、圧倒的なコストパフォーマンスです!

アウトドアで音楽を楽しみたい・お風呂で音楽を聴きたい人に、ぜひ使っていただきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。