買ってよかったキャンプ道具ベスト10

ロゴス エアライト 1ポールシート|ペットボトルサイズの超コンパクトチェア

1ポールシート ワンポールチェアで休憩

アウトドア先で休憩するときに欠かせないのが、折りたたみ式の椅子…アウトドアチェアです。

運動会でよく見るような大きくて重たい物から、フレームをばらばらに分解して収納できる小さくて軽い物まで、様々なアウトドアチェアがあります。

今回紹介するのは、そんなアウトドアチェアの中でもコンパクトさに特化し、折りたたむとポケットサイズまで小さくなるロゴスのエアライト・1ポールシートです。

脚が1本だからこその『1ポールシート』3つのメリット

ロゴス エアライト・1ポールシートの最大の特徴は、名前にある1ポールの通り1つの脚しかついていないことです。

一見不便そうに見えますが、脚が1つであることにメリットがあるんです。

折りたたみ傘と同じサイズに収納できる

1つ目は、通常の椅子よりも部品が少なく、小さく収納できるということ。

なんと、この椅子は折りたたみ傘と同じサイズにまで小さくなります。

ロゴス エアライト・1ポールシートは収納すると折りたたみ傘ほどの小ささ

荷物の隙間どころかポケットに収まるサイズなので、収納スペースに悩むことはまずありません。

頑丈なのに500mlのペットボトルより軽い

2つ目は、頑丈さと軽量さを兼ね備えた作りになっていること。

航空機にも使用されている最も硬いアルミ合金(7075超々ジュラルミン)を使用し、たった1本の脚なのに耐荷重100kgと非常に頑丈に作られています。

さらに驚いたことに、重量はたったの398gしか無いんです!

ワンポールチェアの重量

500mlのペットボトル飲料よりも軽いので、他の椅子と違って収納場所や運搬方法を考える必要もありませんよ。

カラビナでズボンやバッグに装着できる

小さく・軽いだけではなく、リュックや収納箱に入れなくても持ち運べるように、収納袋にベルト・カラビナループがついています。

ここにベルトやカラビナなどを通すことで、手も収納スペースも使わずに持ち運べるんです。

どこにでも気軽に持ち出せるので、バイクツーリングや釣りのときにも活躍しています。

自由な角度で使える

3つ目は、シーンに合わせた好きな角度で使用できること。

先端についているゴムがしっかりグリップするので、かなりの角度をつけても倒れません。

ワンポールチェアに角度をつけて座る

釣りや食事など座ったまま前後左右に動きたい場面自由な角度に倒せるのは便利ですよね。

ロゴス エアライト 1ポールシートを7ヶ月使って感じたこと

「小さく・軽そう」ということが購入前に気になっていたポイントでしたが、実際に使ってみると良い点とイマイチな点が見えてきました。

私はすごく気に入っていますが、正直なところ万人受けしない部分もあると感じています。

30秒で組み立て・収納できるが少しコツがいる

「棒に布をかぶせるだけのシンプルな作りなので組み立て・収納が簡単」なのですが、少しコツがいるんです。

組み立て・収納それぞれの手順について簡単にご説明します。

組み立て手順

小さく収納するので、常に袋がギュウギュウ詰めで取り出しづらくなっています。

袋から出すときは左右同時ではなく、片方ずつ取り出すと簡単ですよ。

1ポールシートを収納袋から取り出し

脚はショックコード(ゴム紐)で繋がっているので、それに従って組み付けます。

1ポールシートのショックコード

収納袋と座面が一体になっているので、収納袋をクルクル巻いて座面下のポケットに仕舞います。

1ポールシート袋の収納

座面と脚の取り付けが1番の難所。

棒を固定用の穴に入れる順番が大切です。

まず、脚の1番長い棒を座面上部の穴に入れます。

1ポールシート 脚の取り付け 長い部分

次に、左右の短い棒を座面下部の穴に入れれば完成。

1ポールシート 脚の取り付け 短い部分

長短の順番が逆になると、かなり力を入れないと組み立てられないので気をつけましょう。

収納手順

組み立てと逆の手順で座面を取り外して脚を畳みます。

1ポールシート 外した座面と脚部

次に、収納袋を取り出して、太巻きのように座面で脚をクルクル巻きます。

1ポールシート 脚部の収納

収納袋に入れるときは、組み立て時と同じように片方ずつ入れるのがポイントです。

1ポールシート 収納袋に入れる

最後にマジックテープで固定すれば完成。

1ポールシート マジックテープで固定

通販サイトの商品レビューでは「組み立てが難しかった」と書かれていましたが、上記の手順通りにすればスムーズに組み立て・収納できるので、ご心配無く。

座り心地は悪くないが背もたれは無い

座面に収納したカバーがクッション材の代わりになるので、意外と座り心地はふかふかしています。

しかし、背もたれが無いので、ゆったりとリラックスするのは難しいですね。

1ポールシート ワンポールチェアで休憩

私はキャンプに行くと、食事と寝る時以外はほぼ立ったまま料理し続けているので背もたれが無くても不便に感じませんが、座って過ごしたい人にとっては死活問題かもしれません。

ロー・ハイのどちらのスタイルにも対応している

ボタン1つで脚の高さを42・52・61cmの3段階に変更可能となっています。

1ポールシート 脚42cm
1ポールシート 脚52cm
1ポールシート 脚61cm

使用する道具やシーンに合わせて高さが変更できるのは他の椅子にない強みだと感じています。

まとめ

1ポールというデザインはもちろん、小ささ・軽量さに驚くこと間違いなし。

万人受けしない部分もありますが、キャンプ・バイク・野外調理・釣りなど多趣味な私には便利に使える場面が多く愛用しています。

これだけ小さいなら、野外フェスなどのイベントや行列の長いお店に持っていって、バッグからサッと取り出して座る、なんて使い方にもぴったりですね。

「道具を出来る限りコンパクトにまとめたい」「様々なシーンで気楽に持ち運べる椅子が欲しい」という方は試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。