買ってよかったキャンプ道具ベスト10

DOD「ビートルくん」レビュー|焚き火をよりワイルドに演出するディスク型の焚き火台

DODビートルくん 燃え盛る炎

焚き火はキャンプの醍醐味ですが、マナーを守って安全に楽しむためには焚き火台が欠かせません。

様々な形状の商品が販売されていますが、中でもディスク型なら焚き火をより豪快に楽しめます。

そこで今回は、ディスク型焚き火台の特徴とDOD(ドッペルギャンガーアウトドア)のディスク型焚き火台「ビートルくん」の魅力についてご紹介しましょう!

ディスク型焚き火台の特徴

ディスク型の焚き火台は風防を持たないため、組んだ薪・燃え盛る炎がダイレクトに見え、他の焚き火台よりも豪快な印象を与えます。

さらに、広く・たゆまず・灰が落ちないため、大きな薪や調理器具でもガンガン乗せることができ、後処理も楽ちん。

DODビートルくんで焚き火調理

ワイルドな雰囲気を演出したい・焚き火で調理を楽しみたい・片付けはパパっと終わらせたいという方にピッタリ!

DODのビートルくんなら可能性が無限大

ディスク型の焚き火台といっても様々ですが、私のイチオシは「DODのビートルくん」。

王道の使い方はもちろん、アレンジした活用法も楽しめるので、初心者から上級者まで全員におすすめしています!

早速、その魅力についてお話しましょう。

巨大な薪でもビクともしない安定感

軽量化のために脚が細い焚き火台が多くありますが、ビートルくんは直径10mmの鉄柱4本と超頑丈に作られています。

DODビートルくんの脚 直径約10mm

なんと、薪を山積みに組んだ上に中華鍋を乗せてもビクともしないほど。

DODビートルくんに中華鍋を乗せる

大型の調理器具を使った豪快な焚き火調理にも安心して使えますよ。

超高温にも耐えるブ厚い鉄板

脚だけでなく、鉄板も厚さ2mmと超頑丈。

分厚い鉄板

試しにコンテナいっぱいの薪を燃やし続け、アルミ缶も溶かすほどの温度になったのですが、少しの歪みもありませんでした。

DODビートルくん 燃え盛る炎

誇張なしで、一生使えるレベルのタフな焚き火台と言えるでしょう。

角のような焚き火ハンガーでトライポッドいらず

この焚き火台には、「ビートル(カブトムシ)」という名前の由来と思われる角のような焚き火ハンガーが付属しています。

DODビートルくんの角 焚き火ハンガー

これを外周の穴に差し込むことによって、ダッチオーブンや焚き火ケトルをぶら下げることができるようになっているんです。

DODビートルくん焚き火ハンガー

また、この角も直径10mmの鉄製なので強度や耐熱性能はバッチリ!

従来トライポッドが必要だったものが焚き火台だけで完結できるので、パッキングにも設営・撤収にもゆとりができます。

焚き火台を吊り下げる変則的な設置が可能

外周に開けられた穴に付属のチェーン(4個)を装着することで、焚き火台を好きな高さに吊るすことも。

DODビートルくん フックをかけて焚き火台を吊るすことができる

キャンパーズコレクションのタフライトテーブルに吊るせば、椅子に座ったまま程よい高さの焚き火を満喫できます。

DODビートルくんをぶら下げて使う

見た目のインパクトだけでなく、焚き火下の熱気をヒーター代わりにして足を温めたり、残りの薪を乾かすなど機能性にも優れたのでおすすめですよ。

専用ケースで持ち運びも楽ちん

付属している専用ケースは自立するように縁が補強されているため、出し入れが簡単になっています。

専用ケースは縁が自立しているから出し入れが楽

脚と角を入れるケースも付属しているため、運ぶ際にガチャガチャと音が鳴ることもありません。

DOD ビートルくん 専用ケース一式

さらに、空きスペースがたくさんあり、焚き火グローブ・トング・着火剤など必要な道具を中に収納できるので荷物がコンパクトにまとまります。

DOD ビートルくん 専用ケースにまとめて物を収納できる

ケース外側に握りやすい取っ手まで用意されているとなれば、文句の付けようがありませんね。

DOD ビートルくん 専用ケース 取っ手

まとめ

ディスク型の焚き火台はワイルドさを演出するうえに後処理も楽ちんなので、焚き火がさらに楽しくなること間違いなし!

中でも、DODのビートルくんは一生モノの頑丈さ・焚き火ハンガー・便利な専用ケースと死角のない優秀な商品です。

さらに、付属のフックを使えば自由に高さ調整ができるので、愛用のギアに合わせた最高の焚き火を楽しめます。

初心者の焚き火デビューにも、上級者の一風変わった焚き火への挑戦にも使えるので是非試してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。