DJI初のアクションカメラ Osmo Actionレビュー

世界最小のジンバル一体型カメラDJI Osmo Pocketレビュー

アイキャッチ

動画撮影の大敵である「手ブレ」

その手ブレを完全に対策しようとすると、大きく重たいジンバルが必要不可欠というのがこれまでの常識でした。

今回の記事では、そんな考えを吹き飛ばす革命的な商品、DJIが発売した世界最小のジンバル一体型カメラOsmo Pocket(オズモ ポケット)をご紹介します。

DJI Osmo Pocketとは

Osmo Pocketは2018年12月15日に、ドローンやジンバルに定評のあるDJIから発売された超小型ジンバル一体型カメラです。

DJIは、これまでにもジンバル一体型カメラOsmoシリーズや、スマートフォン用ジンバル「Osmo Mobile」などを開発しています。

しかしいずれもそれなりのサイズがあり、軽いもので数百グラム、重たいものになると数kgを超えてしまうため、いつでもどこでもサッと取り出して使えるような手軽さはありませんでした。

そんな中、今回新たに誕生したOsmo Pocketは片手に収まるほどのコンパクトサイズが最大の特徴であり、重量はなんと116グラム!

「すべてのシーンを輝く瞬間として記録するハンドヘルドカメラ(片手で持てるカメラ)」と謳われていることからも、小型化・軽量化に対する意気込みが伝わってきます。

さらに、その小さな本体に3軸スタビライザーを搭載し、手ブレ性能の高さと持ち運びの手軽さを両立した、まさに動画撮影における革命とも呼べる商品です。

そうした商品コンセプトがYouTuberをはじめとした世界中の動画クリエイターの方々からも大注目を集めており、早めに予約したのにも関わらず届いたのが発売日から数日経った後だったことからも、その人気の高さがうかがえます。

DJI Osmo Pocket 開封レビュー

DJI Osmo Pocket パッケージ

予約した日から待ちに待ったOsmo Pocketを、早速開封していきましょう!

DJI Osmo Pocket パッケージ開封

いざ開封してみると、マニュアルなども見当たらず、Osmo Pocket本体とケースのみが箱に納められているという状態。

DJI Osmo Pocket キャリーケースと付属品

よく見ると、本体以外の各付属品はキャリーケースの中に収納されていました。

内容品は以下。

  • Osmo Pocket本体
  • キャリーケース
  • Lightningアダプタ
  • USB Type-Cアダプタ
  • 充電用USB Type-C ケーブル
  • ストラップ
  • クイックスタートガイド(取扱説明書)

DJI Osmo Pocket

本体は全体的にマットな質感で、背面側は緩く丸みを帯びており、手に馴染みます。

正面の1インチディスプレイはタッチ対応となっており、スマートフォンのようにタップ・フリックで操作します。

DJI Osmo Pocket 録画ボタン・電源ボタン・モニター

ディスプレイの下には撮影ボタンと電源ボタンの2ボタンが配置されており、撮影ボタンの右上にある穴がマイクです。

DJI Osmo Pocket 底面のUSB Type-C端子とマイク

底面には充電にも利用するUSB Type-C端子と、その横にはまたマイクがあります。

ボタン付近と底面の計2ヶ所、デュアル構成のマイクはノイズキャンセリング機能を搭載しています。

73分でフル充電可能で、最大稼働時間は140分

バッテリーは内蔵式のため、交換は出来ません。

DJI Osmo Pocket 側面

側面にはmicroSDカードスロットが用意されています。

カードは付属していませんので、持っていない人は用意するのをお忘れなく。

書き込み速度15MB/s以上のmicroSDカードが推奨されています。

商品によっては「読み込み速度は書かれているけど書き込み速度が書かれていない」なんて場合もありますので、注意しましょう。

片手に収まる超コンパクトボディ!

実物を手にして改めて驚いたのが、そのコンパクトな本体サイズ。

「ジンバル一体型カメラにしては」といった先入観を抜きに、純粋に「小さい!」と驚愕させられました。

DJI Osmo PocketとiPhone 7 Plusを並べた

iPhone 7 Plusと比較してみるとこの通り。

DJI Osmo Pocket 左手に持つ

片手に収まる小さなボディは、おもちゃのようにすら感じられます。

それでいて4K・60fpsでの撮影まで可能というのですから驚きですね。

この小さなジンバル一体型カメラの実力やいかに。

使い勝手の良いキャリーケース

付属のキャリーケースもなかなかに優秀です。

DJI Osmo Pocket キャリーケースの内側

ケースの内側はフェルトのような生地になっており、レンズやディスプレイを傷付ける心配がありません。

DJI Osmo Pocket Lightningアダプタを外向きに装着
DJI Osmo Pocket キャリーケースに収納 Lightning端子が飛び出している

バンド部に穴が開いているため、LightningやType-Cのアダプタを付けたままでもバンドを固定できます。

とはいえ、端子が飛び出した状態で持ち運ぶのは避けた方が良いでしょう。

DJI Osmo Pocket Lightningアダプタを内向きに装着
DJI Osmo Pocket キャリーケースに収納

アダプタを逆向きに挿入可能ですので、バッグに入れる時にはこのような状態で持ち運べば安全です。

DJI Osmo Pocket キャリーケースに収納 USB Type-C端子
DJI Osmo Pocket キャリーケースに収納したままケーブルを接続

底面には穴が開いており、Osmo Pocket本体を収納したままでの充電が可能。

こうした細かい工夫によって、付属品とはいえ決して侮れない、使い勝手の良いケースに仕上がっています。

ちなみに、付属のストラップはOsmo Pocket本体でなく、キャリーケースに取り付ける仕様です。

DJI Osmo Pocket 使用準備

Osmo Pocketを開封していきなり撮影!…は、残念ながら出来ません。

初めての起動時には言語設定や、スマートフォンと接続してのアクティベートを行う必要があります。

DJI Osmo Pocket アダプタカバー
DJI Osmo Pocket アダプタカバーをずらした

1インチディスプレイの下部にあるスライド式のカバーを外して、スマートフォンと接続するためのアダプタを取り付けましょう。

DJI Osmo Pocket LightningとUCB Cアダプタを並べた

LightningとUSB Type-Cの2種類の端子に対応したアダプタが付属しています。

DJI Osmo Pocket USB Type-Cアダプタを取り付け

Osmo PocketはiPhoneとAndroidの両方に対応していますが、Micro USB端子用のアダプタは無いため、お使いのスマートフォンによっては接続できない場合もありますのでご注意ください。

専用アプリ「DJI Mimo」でアクティベート

アクティベートには、専用アプリ「DJI Mimo(マイモーメント)」を使います。

DJI Mimo

DJI Mimo

DJI無料posted withアプリーチ

DJIのアカウントが必要になりますので、無い場合は無料で作成しましょう。

ログインをしたら、アプリ内の案内に従って進めていけば数分でアクティベートが完了します。

DJI Mimoはアクティベート以外にも、Osmo Pocketの詳細設定の変更やカメラが捉えた光景のライブプレビュー、撮影した動画の編集等のさまざまな機能があり、Osmo Pocketはアプリとの連携を前提に作られた商品なのだということがよくわかります。

ファームウェアアップデートにはmicroSDカードが必須

アクティベートが終わると、そのままファームウェアアップデートが始まります。

その際、Osmo PocketにmicroSDカードを入れておく必要がありますので、準備しておきましょう。

設定が完了した後は、スマートフォンとの接続を外し、Osmo Pocket単体でも使用可能となります。

Osmo Pocketを実際に使用してみて

ここからはOsmo Pocketを実際に使ってみて気付いた良かったこと・気になったことの両方を、ありのまま正直にお伝えします!

手ブレ補正は期待通り、映像美は期待以上!歩く時は注意も必要

細かい手ブレについては、スマートフォンを手に持って撮影するのとは別次元の安定感。

ジンバルの動き方は固定・FPV(一人称視点)・フォローモードの3種類から選択できるのですが、固定モードの動きを見てみましょう。

DJI Osmo Pocketのジンバルが動く様子

ハンドルを動かしても、カメラがブレることなくピタッと安定しています。

ジンバルの性能に注目されがちですが、カメラとしての撮影性能も、本体の大きさからイメージしていたクオリティを遥かに上回ってきました!

小さな本体サイズながらコンパクトデジタルカメラと同等クラスの1/2.3型CMOSセンサーを搭載していることもあって、映像自体も綺麗に撮れます。

逆に、気になった点としては歩いて撮影する時の縦揺れです。

本体サイズが小さくなるということはアームによる可動範囲も狭くなるということですので、大きなジンバルを使った時に比べて、歩いた時の上下動の影響を軽減しきれません。

とはいえちょっと気を付けて歩くだけでも縦揺れは大きく減るうえ、ジンバル非搭載のカメラによる電子式や光学式の手ぶれ補正に比べるとその違いは明らかですので、やはりジンバルの効果は偉大です。

ノイズ低減機能に優れたマイク

外を歩いたり走ったりしても風切り音が全くと言って良いほど入らず、ノイズキャンセリング機能はかなり優秀。

しかしマイクの位置的に、ふとした時に指で触れてしまうことがあり、その場合にはガサゴソと音が入ってしまうので慣れるまでは注意が必要です。

また、マイクの位置関係が対称ではないためか、音声が二重に聞こえてしまうことが時々ありました。

外部マイクを接続するための3.5mm変換アダプターが専用アクセサリーで発売予定となっていますので、音声にこだわる場合には導入してみても良いでしょう。

スマートフォンと無線で接続するには別売りのアクセサリーが必要

Osmo Pocketは初回のアクティベート以降はジンバル一体型カメラとして単体使用が可能なものの、その性能・機能をフル活用するには専用アプリ「DJI Mimo」が必須。

そうした点からスマートフォンとの連携ありきで設計されている商品なのだなという印象を受けます。

にもかかわらず、Osmo PocketにはBluetoothモジュールが搭載されておらず、スマートフォンとの接続には専用アダプタを使って直接繋がなくてはなりません。

Bluetoothを非搭載にしたのは本体サイズを少しでも小さくするためかもしれませんが、そこは削るべきポイントだったのかどうか疑問が浮かびます。

ちなみに今後、Osmo PocketとスマートフォンをBluetoothやWi-Fiで無線接続するためのワイヤレスモジュールが発売予定となっています。

  • ワイヤレスモジュール側に充電用のUSB Type-C端子がついているため、モジュールを取り付けたままの状態でOsmo Pocketの充電が可能
  • 底面積が広く取られていることから、Osmo Pocketを水平面に設置するベースとしても使用できる

これらの特徴は魅力的ではありますが、7,000円を超える価格での別パーツ販売をするくらいならば、本体サイズと金額が多少増えたとしても本体に組み込んでほしかったですね。

Osmo Pocketならではの魅力的な独自機能

Osmo Pocketのみに搭載された「FPVモード」、9枚の写真を合成して大きな構図での写真を作成してくれる3×3パノラマ撮影、ナイトショットと名付けられた強力な暗所撮影能力については、こちらの記事にて紹介しています。

DJI Osmo Pocket 撮影テスト Osmo Pocketの使い方|パノラマ・暗所もジンバルを活用して美しく撮影

GoProと比較して「どちらが上か?」という質問は無意味

「手ブレに強い小さなカメラ」という事で、よく比較されるのがGoProです。

その中には、「どちらが良いの?」と優劣を気にしたような疑問の声もよく耳にします。

しかし、そもそもOsmo Pocketは「コンパクトなジンバル一体型カメラ」であり、アクションカムであるGoProとは用途が全く異なります。

Osmo PocketのSDカードスロットにはキャップも無く、防水防塵に非対応なことからもそれは明らか。

一眼とアクションカムを比較して「どちらが上か」なんて決められないのと同じで、アクションカムであるGoProとジンバル一体型カメラであるOsmo Pocketはそれぞれに異なる魅力があり、一方がもう一方の上位互換などにはなり得ません。

水や埃の舞うようなアクションシーンではGoProが最適ですし、ジンバル部分まで含めても片手に収まるサイズのOsmo Pocketは「ブレの無い映像」を手軽に撮るのにこれ以上の選択肢はありません。

自撮り用カメラとしての利用ならばGoProがおすすめ

自撮り用のカメラとして優劣をつけるとするならば、現状はGoProが優勢だと感じます。

Osmo Pocketは画角が狭く、自撮りをするには腕をおもいっきり伸ばす必要があるためですね。

GoProならばそこまで腕を伸ばさずとも、自分の顔はもちろん周りの風景も映像の中に納まります。

このように、撮りたいシチュエーションごとに適したカメラを使うことがベストですね。

DJIからアクションカム「Osmo Action」が発売!

2019年5月17日に、DJIからアクションカム「Osmo Action(オズモアクション)」が発売されました。

これまた魅力的な商品ですので「どちらを買えば良いの?」と悩んでしまう方がますます増えることでしょう。

商品を選ぶ基準ですが、このOsmo Actionも先ほどのGoPro同様に「アクティブなシーンで使うのか」で判断してあげればOKですので、Osmo Pocketと比べて悩む必要はありません!

どちらかと言えば、そのアクティブなシーンで使いたい場合に「GoProとOsmo Actionのどちらを買うか」が悩ましいところですね。

実はこのたび、発売したばかりのOsmo Actionを入手しましたので、こちらもレビュー記事を投稿させていただきました!

DJI Osmo Action DJI Osmo Actionレビュー|GoProに無い強みを秘めた最新アクションカメラを紹介!

1ヶ月使ってみて気になった点をまとめてみました

Osmo Pocketを1ヶ月ほど使い、様々なシチュエーションでの撮影テストを行って、気になるポイントも出てきました。

そこで、気になる・イマイチな点をまとめて記事にて紹介をしています。

商品の購入を検討するうえで、マイナス点とは魅力と同じかそれ以上に気になるものですよね。

Osmo Pocketが苦手としている点を整理し、あなたが撮ろうとしている映像やシチュエーションとマッチしているのかを見極める材料にしてみてください。

Osmo Pocketを眺める男性の写真 Osmo Pocketを1ヶ月間使用して気になったポイントまとめ|イマイチな点を整理して後悔の無い買い物をしよう!

専用アクセサリー「NDフィルター」で白飛び対策

Osmo Pocketを使用していて気になった点の1つであるマニュアル撮影時の白飛びを対策するために、専用アクセサリーのNDフィルターを購入してみました。

DJI純正品を試したいところでしたが、2019年2月時点ではまだ発売されていないため、JSRという他メーカーの商品を購入し、その効果を実際に検証しています。

フィルターの有無でどのような違いが出るのか・逆光下でどこまで撮影ができるのか…比較画像等を使用しての詳しい解説は以下の記事をご覧ください。

Osmo PocketにNDフィルターを取り付けた写真 Osmo Pocket用NDフィルター購入レビュー|滑らかな動画を撮影するための必須アイテム!

動画でのレビューと実際に撮影した動画はYouTubeで公開

今回の記事を書くうえで、Osmo Pocketを持ったまま歩いたり全力で走ったりと、様々なシチュエーションで撮影をしており、それらの模様はYouTubeの「よごけん Vlog」にて公開中です!

また、Osmo Pocketを使ったVlog撮影も行っていきますので、チャンネル登録等お願い致します!

まとめ

いつでもどこでも撮りたい時にサッと取り出して使えるサイズ感と、電子式・光学式とはレベルの違う強力な手ぶれ補正を両立した全く新しいカメラが誕生しました。

小さなバッグや、それこそポケットにも忍ばせておくことが可能で、アプリを使えばその場でSNSにアップロードすることも簡単。

「手軽で高品質な映像」という点を最大限重視して作られているのだと実感しました。

機能・性能のどちらも、1記事では伝えきれないため、今後もOsmo Mobileの魅力を記事にてお伝えしていきます。

気になった点や、検証してもらいたいことなどございましたら、コメント等でどんどんお声掛けください!

2 COMMENTS

やまさん

歩行時の縦揺れは、本体を水平に保持して歩くと、かなり軽減されるようです。お試しあれ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。