初心者必見のおすすめ登山装備一覧

ISO感度を調整して暗い場所でもノイズを低減したクリアな動画を明るく撮影

ISO感度記事アイキャッチ

一眼での動画撮影で覚えておくべきF値(絞り)・シャッタースピード・ISO感度という3つの設定項目。

今回はいよいよ最後の1つであるISO感度についての解説です。

F値・シャッタースピードに比べると理解しやすい設定となりますので、ポイントをしっかりと押さえて、撮影する動画の品質をグッと高めていきましょう。

ISO感度とは

デジタルカメラにおいてISO感度とは、光をとらえる感度を表す言葉で、読み方はアイエスオー感度・イソ感度・ISO speedなどと呼ばれます。

カメラの仕組み 図解 イラスト

カメラは、被写体が反射した光をレンズから取り入れて、イメージセンサー(撮像素子)と呼ばれる場所に当てます。

そして、イメージセンサーに当たった光を電気信号へと変換して処理を行うのですが、この電気信号を増幅させることがISO感度の役割です。

「電気信号を増幅する」とは、レンズに取り込んだ光を増幅させているのと同じです。

つまり、暗い室内などの光が少ないシーンでも、ISO感度を上げれば明るい写真が撮れるということですね。

デジタルカメラ ISO感度の図解

ISO感度を2倍に上げると電気信号も2倍になり、たとえば半分の光量でも同じ明るさの写真を撮影できます

ISO感度を上げると明るくなるがノイズも増える

ISO感度を上げれば暗いシーンでも明るく撮影できますが、ここで気を付けなければならないのが画質の劣化です。

電気信号を増幅させて明るさを数倍~数十倍に増やすということは、もともとの光に含まれていたちょっとしたノイズもその分だけ増えて、写真を目で見て分かるくらいにザラつきが生まれてしまいます。

暗所で撮影したドローン
暗所でISO感度を上げて撮影したドローン

こちらの2枚はどちらも同じ暗い部屋で撮影をしており、ISO感度のみを上げていって明るくさせてみました。

暗所で撮影したドローン拡大
暗所でISO感度を上げて撮影したドローン拡大

拡大してみると、ISO感度を上げて明るく撮影した写真の方が、画面がざらついていて細かいディテールが失われていることが分かります。

このように、せっかくの写真もノイズだらけですと台無しになってしまうので、、ISO感度の上げすぎには注意しましょう。

動画撮影時に明るくできる設定項目はISO感度のみ

ISO感度を上げすぎないようにするためには、暗いシーンでの撮影時に、ISO感度以外での明るく撮影する工夫が必要になります。

たとえば、明るさに関する設定項目はISO感度の他にも、F値とシャッタースピードが存在します。

写真であれば、F値を小さくしてシャッタースピードを遅くすれば多くの光を取り込めるため、明るく撮影できます。

しかし、一眼での動画撮影においては、F値・シャッタースピードで明るさを調整できない理由が存在するのです。

F値を変更すると、明るさだけでなく被写界深度(ピントが合う範囲)が変化します。

一眼で動画を撮る場合には、被写界深度を浅くしてボケみをコントロールすることで、メインの被写体のみにフォーカスを合わせた動画を撮影できます。

この際、被写界深度を最も浅くするために開放絞り(F値を最も小さくした状態)で撮ることが原則になっているため、基本的にF値の設定は常に最大の明るさという状態ですので、F値を変更して更に明るくすることは出来ません。

F値を調整した作例 F値(絞り値)を基本から理解してボケ味のある動画を一眼で撮影しよう

一方、シャッタースピードは、設定を変更して明るく撮影すること自体は可能です。

ところが、シャッタースピードを変更してしまうと、明るさだけでなくブレ方にも変化が起きてしまうのです。

「ブレ」と聞くと良くない印象を受けますが、動画の場合、適度なブレがある方が自然な滑らかさを生み出します。

また、最適なシャッタースピード設定フレームレート設定や撮影する地域にも依存するので、明るさ調整のためにシャッタースピードを変更するのは原則としてNGです。

シャッタースピード記事アイキャッチ 動画撮影に最適なシャッタースピード設定|地域に合わせたフリッカー対策

設定の変更でなく照明の追加や明るい場所への移動で対応することが理想

F値は明るさ最大状態で撮影するのが基本となり、シャッタースピードについてはまだ明るくできる余地があるものの変更できない理由があります。

そうなると、明るさを増やすために変更できる設定はISO感度のみになるのですが、ISO感度も上げすぎればノイズが入ってしまいます。

つまり、設定の変更のみでは対応できない暗いシーンがどうしても出てくるということです。

そのような暗いシーンでの撮影では、照明を使って被写体を照らしたり、明るい場所へ移動して撮影をしたり、レンズから取り込む光そのものの量を増やすことが基本です。

ISO感度を上げるのは、光を増やせない場合の切り札として使うようにしましょう。

ISO感度の上限設定でオート撮影が可能

「F値とシャッタースピードはマニュアル設定で固定して撮るように」と解説をしてきましたが、ISO感度に関してはオート設定で撮影してもOKです。

ISO感度をオートにしていると、明るい場所ではISO感度が下がり、暗い場所ではISO感度が上がります。

F値・シャッタースピードと異なり、ISO感度が自動で変動しても動画そのものの雰囲気が大きく変わったりはしないので、オートでも問題が無いということですね。

注意すべき点としては、ISO感度が上がりすぎてノイズまみれの動画になってしまわないかというところですが、この問題もカメラの設定で解決可能なのです。

それが、ISO感度の上限設定です。

カメラによっては、オートモードでの撮影時にISO感度の最大値を決められます。

MEMO
Osmo PocketOsmo ActionのようなカメラでもオートモードでのISO感度の最大値はあります。

最大ISOを設定してあげれば、撮影中にISO感度が上がりすぎてしまうことを防げ、暗いシーンでもノイズの目立たない映像を撮影できます。

また、ISO感度の数値が同じでも、ノイズの入り方はカメラの性能によって大きく異なります

そのため、まずはお使いのカメラでISO感度の数値を上げてみて、ノイズの入り方を確認してみましょう。

そして、画面のノイズが気にならないISO感度の上限を見極めて設定をすれば、オートモードでも映像の劣化を気にせずに安心して撮影できます

まとめ

動画撮影におけるISO感度のまとめです。

  • ISO感度を上げると明るく撮影できる
  • ISO感度を上げすぎると映像にノイズが入ってしまう
  • ISO感度はできる限り低くした方が画質は良い
  • 照明を用意するか明るい場所に移動して光量を多くする方がベター
  • ISO感度の上限を設定しておけばオートで撮影してもOK

ISO感度で明るくなるとは言っても、ノイズが出てしまうので限界があります。

「これくらいのノイズだったら許せるな」といった数値は機種ごとに異なるので、お使いのカメラで確認してみてください。

あくまでも、カメラは光の情報を記録する装置なので、できる限り光を取り入れられる方法を考えて撮影に臨むようにしましょう。

今回の記事の内容は、伊豆のぬし釣りYouTubeチャンネルにて、動画でも解説していますので、そちらも合わせてチェックしてみてください。

マニュアル設定を使いこなして、あなたの手で美しく滑らかな動画を撮影していきましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。