DJI初のアクションカメラ Osmo Actionレビュー

F値(絞り値)を基本から理解してボケ味のある動画を一眼で撮影しよう

F値を調整した作例

カメラの設定やレンズのスペックで誰もが1度は目にするF値絞りといった言葉ですが、何の数字なのかはよく知らない・分からないという人は多いですよね。

今回はカメラで撮影する際の明るさや、本格的な雰囲気を作り出すボケみに大きく関わるF値(絞り値)を解説します。

初心者の多くがつまづくポイントであるF値ですが、仕組みを理解して使いこなすことで、写真や動画撮影のクオリティが大きく向上しますので、一緒に基礎から学んでいきましょう!

F値(絞り値)とは

レンズを通る光の量を調整することを絞りと呼び、その光の量を数値で表したものがF値(絞り値)です。

F値はFナンバーとも呼ばれ、F1・F1.4・F2・F2.8…のように表記します。

まずは、光の量をどのように調節しているのかをイラストで見てみましょう。

レンズの絞りを説明する図解

レンズ内部には光の量を調整するための複数枚の板「絞り羽根」が存在します。

その絞り羽根によって作られる穴が光の通り道であり、開き具合を絞っていくことで光の量を調節しています。

MEMO
光が通る穴のことをaperture(アパーチャ・アパーチャー等)と呼ぶため、カメラの絞り優先オートはAという表記になっています。

カメラのF値・絞りの図解

F値は1から1.4や2から2.8のように1段階大きくなると、光の量は半分に減ります

つまり、F値の数値が大きいほど、光の量は少なくなり、逆にF値が小さくなると、光の量は多くなります。

レンズの絞りを最も開いた状態のことを「開放絞り」といい、そのときの絞り値(F値)を開放絞り値(開放F値)と言います。

MEMO
F値の最小・最大値はレンズごとに異なります。

F値を変えるとピントの合う範囲も変化する

F値を変えることで、明るさの他にも変化があります。

それがピントの合う範囲です。

F値が大きくなるほどピントの合う範囲が広くなり、逆にF値が小さくなるほどピントの合う範囲が狭くなります。

MEMO
F値のFは「焦点の」という意味のfocalが由来です。

ピントの合う範囲は被写界深度とも呼ばれ、ピントの合う範囲が広いことを「被写界深度が深い」、逆に狭いことを「被写界深度が浅い」と呼びます。

まとめると以下のようになります。

  • F値(絞り値)が小さい=光の量が多い=ピントの合う範囲が狭い=被写界深度が浅い
  • F値(絞り値)が大きい=光の量が少ない=ピントの合う範囲が広い=被写界深度が深い

ピントの合う範囲が狭くなると、撮りたいメインの被写体のみにピントを合わせることが出来るため、まるで被写体が背景から浮かび上がったかのような写真を撮影できます。

一眼での動画撮影におけるF値の重要性

動画を撮るために作られたビデオカメラやアクションカメラと異なり、一眼レフやミラーレス一眼はあくまで静止画・写真を撮ることを想定されたカメラです。

しかし、クリエイティブな雰囲気の動画を撮るという目的の場合、動画用のビデオカメラではなく写真用の一眼レフやミラーレス一眼が人気なのです。

その理由こそ、ボケみにあります。

手前にある物体や奥にある背景をまるですりガラスを通して見たかのようにボケさせ、そして被写体のみにピントを合わせた印象的な映像を撮影できるのは、本来は写真用カメラであるはずの一眼レフやミラーレス一眼ならではの強みなのです。

それに対し、家庭用ビデオカメラやスマートフォンのカメラでは、映像全体にピントが合ってしまいメインの被写体の印象が弱くなってしまいます

実際にミラーレス一眼カメラPanasonic LUMIX DC-GH5で撮影した映像を見てみましょう。


45秒頃のシーンでは、ボケた背景の中、手前の電球のみがくっきりと映し出されることで「見せたい物」が明らかです。

ボケみのある映像を撮る際は白飛びに注意

被写体のみにピントを合わせた動画を撮影するには、被写界深度を浅くするために、そのレンズで最もF値の小さい「開放絞り」で撮る必要があります

しかし、ここで気を付けなければならないのが明るさです。

開放絞りでは絞り羽根を全開にするため、取り込む光の量も多くなります。

すると、晴れた日の屋外などでは明るすぎて白飛びをしてしまいます。

取り込む光の量は、写真撮影であればシャッタースピードを変更して小さくすることも出来ますが、動画撮影においてシャッタースピードを変化させることは悪手です。

その理由は、最適なシャッタースピードの数値は撮影する動画のフレームレートによって決まり、撮影中に設定を変更すると動画の滑らかさに違和感が出てしまうためです。

詳しくは、適切な明るさである「適正露出」について書かれた記事にて解説をしていますので、参考にしてみてください。

ミラーレスや一眼レフの動画撮影の明るさ調整:適正露出と露出補正とは

明るい場所での撮影にはNDフィルターがマストバイ

F値を高くすると一眼ならではのせっかくのボケみが、シャッタースピードを速くすると適度なブレ感が、それぞれ失われてしまいます。

そこで、F値もシャッタースピードも変えることなく明るさを抑えられるアイテム「NDフィルター」が必要になるのです。

NDフィルターはカメラ用のサングラスのようなアイテムで、レンズに取り付けるだけで最適な明るさへと調整できます。

一眼・ミラーレス一眼はもちろん、GoProやOsmo ActionといったアクションカメラやOsmo Pocketなどにも専用のNDフィルターが販売されていることからも、動画撮影においてNDフィルターがいかに重要かは明白ですね。

Osmo Pocket用NDフィルターのレビュー記事では、NDフィルターを付けることで実際にどのような変化があるのかを写真・動画付きで解説しています。

Osmo PocketにNDフィルターを取り付けた写真 Osmo Pocket用NDフィルター購入レビュー|滑らかな動画を撮影するための必須アイテム!

まとめ

今回は、カメラのマニュアル設定におけるF値に焦点を当てて学んできました。

  • F値は「絞り」と呼ばれるものであり、光の量を調節できる
  • フォーカスが合う範囲を被写界深度と呼ぶ
  • 開放絞りにすると被写界深度が浅くなりボケみが出る
  • F値を絞ると被写界深度が深くなりピントが合う範囲が広がる

次回の講座記事では、F値と密接に関係しているシャッタースピードについてご紹介させていただきます。

今回の内容に関しましては、動画でも解説をしていますので、そちらもぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。